顔の治療は丁寧に進める

医者と看護師

美容目的のレーザー治療は高額

顔にいぼができてしまったのであればそのまま放置せず、最寄りの皮膚科を受診して治療を開始しましょう。その際には普通の皮膚科だけでなく、美容皮膚科を受診することも選択肢に入れ、どういった治療をしていけば一番いいのかをよく考えていくべきです。手足にできるいぼであればあとくされなく切除することができますが、顔の場合はとにかく繊細で慎重な治療をしなければいけません。適当に液体窒素で固めて切除すると傷跡が残るリスクが存在するので、美容皮膚科の専門的な設備で対処する必要性が出てくるのです。いぼ切除自体は体質的なものであっても、ウイルス性のものであっても炭酸ガスレーザーを使えば簡単に焼いて切除できます。痛くもかゆくもないからといっていぼを放置せず、早めに切除してもらったほうが安心して生活を送ることができるのでお勧めです。いつまでも顔にいぼがあると鏡を見るたびに気になってしまい、ストレスの原因になってしまうこともあるので軽視してはいけません。美法皮膚科か、普通の皮膚科か症状に合わせて都合のいい病院を選び、早めに治療に取り掛かるようにしましょう。

いぼの治療において炭酸ガスレーザーがもっぱら使われる治療器具ですが、それ以外にも薬の塗布から注射、液体窒素で固めてから行う除去、メスやハサミによるシンプルな切除などがあります。いずれも一長一短となっているので、とりあえず炭酸ガスレーザーによる治療を希望するということのないように気を付けましょう。特に美容目的のレーザーは自費診療となることが多く、それに反して液体窒素や注射を使った治療は保険が適用されることが多くあります。いぼがウイルスによるものであるかどうか、緊急性を要するかどうかも重要な判断材料となってくるのです。顔にできたいぼの切除はもちろん時間とお金をたっぷりかけて、確実に傷跡を残さないようにすることが大切ですが、出費を抑えることも忘れないようにしましょう。見た目大きくても、皮膚の内側にまで食い込んでいなければ、メスとはさみ、ピンセットを用いて簡単に切除できることも多くあります。レーザーが確実で丁寧な治療であることは事実ですが、それに惑わされすぎないように、しっかりと必要な治療を見極めていきましょう。